現場が変わる。プロフェッショナルな人々のためのスマホIP無線「Buddycom」。

ブランドガイドライン

本ブランドガイドラインでは、Buddycomのブランドロゴの適切な表示方法や、禁止事項を記載しています。

ブランドロゴについて

Buddycomという名称には、「Buddy(仲間)」と「com(繋がる)」という思いを込めました。
一緒に仕事をする仲間と簡単に様々な手段で繋がり、お客様の業務に役立つサービスとなることを目指します。
Buddycomでなら異なる言語の方も、文字が書けない人も、声で世界中の人々と会話することができます。
カラフルな4色を使うことで、フレンドリーで親しみやすい未来形のコミュニケーションをイメージしています。

表示ポリシー

Buddycomロゴの無断転載・使用は認められていません。特定の用途について特別に許可を取得したい場合は、お問合せください。

タグライン

現場が変わる

タグライン「現場が変わる」は、 Buddycomを使うことで、現場で活躍するプロフェッショナルな人々のコミュニケーションをスムーズになり、 作業効率が上がり、「働く」が豊かになる、という想いが込められています。

ブランドマーク

ブランドマーク

BuddycomマークをBuddycomロゴから切り離し、単独で使用することは禁止します。 Buddycomマークを使用する際は当社への申請が必要になります。 その際はその旨をご記入いただき当社までお問合せください。

カラーバリエーション

カラーバリエーション

視認性が良い状態でロゴを使用してください。カラーの背景や画像、イラストにロゴをのせることは可能です。複雑な背景にロゴを入れる場合、ロゴ全体がはっきりと読めるようにしてください。

アイソレーション

アイソレーション

Buddycomロゴの表示は独立性、識別性をもって行ってください。表示する際には、その周辺に一定のアイソレーション(保護エリア)を設け、この領域内には他のデザイン要素や文字などは表示してはいけません。

表記

Buddycomを文章で使う場合は、大文字から始まります。「buddycom」ではなく「Buddycom」と正しく表記してください。

禁止事項

  • ロゴを自らのアプリケーションやサービスのアイコンとしてそのまま使用すること。
  • ロゴを回転・変形して使用すること。
  • ロゴの割合や色を変更して使用すること。
  • ロゴにエフェクトをかけて使用すること。
  • 弊社サービスロゴをご自身のロゴに付け足すこと。
  • ロゴの回りにブランド名以外のテキストや画像を付け足すこと。
  • ロゴの上に別の画像を重ねたり、ロゴの一部しか見えない状態で使用すること。
  • 旧バージョンのマークやロゴ、または別のマークやロゴを使用すること。

商標

当ウェブサイトで使用される「Buddycom」、Buddycomロゴは当社が所有し、ライセンスその他の正当な権限に基づき使用する商標または登録商標です。 これらの無断使用は禁止します。商標登録番号:6178473

ページのトップへ戻る