映像と音声のプラットフォーム。未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」。

インカム

をお使いの方、
通話範囲の狭さや混信、
音声品質に不満はありませんか?

インカムの利用中に困ったことはありませんか?
【インカム】の従来の課題

課題1
通信範囲が狭く複数階ある場合つながらない
悩んでる人
課題2
ランニングコストが高い
悩んでる人
課題3
音が途切れたり音質が悪くて聞き取りにくい
悩んでる人

1階と2階で通話が必要な店舗、複数の拠点間で情報共有の必要がある店舗の場合、インカムでは通話が届きません。
大規模施設や高層ビルの場合はなおさらです。
通話範囲を広げるための高額なインカムの購入やアンテナの設置、故障端末の修理、 運用コストは大きくなる一方です。
Buddycomはそんな皆様の課題を解決するIPインカムに変わるアプリです。
広範囲で使えるIP無線アプリを低コストでご利用できます。

インカムのレンタルではなく、
Buddycomの採用が増えています!

レンタルよりBuddycomの方が良い

インカムのレンタルではなく、Buddycomが選ばれる理由

  • お手持ちのスマホで使える
  • 使い方がシンプルでカンタン
  • 同時利用台数の制限なし
  • 機器の発送不要、必要なのはメールのやりとりだけ
  • レンタル手続きや更新作業がいらない

Buddycomならもっと便利!
Buddycomを利用するメリット

Buddycomは、4G、LTE、WiFiなどのインターネット回線を使用し、高品質、かつ、リアルタイムなチームコミュニケーションを実現しました。
電話、無線機、トランシーバー、インカムに代わるシステムとして、現場のDX化を促進します。
スマホ・タブレットでBuddycomをダウンロードしてログインするだけでなので、カンタンに使いはじめられます。

Buddycomアプリ画面
運用がカンタン

運用がカンタン

Buddycomは電話、無線機、トランシーバー、インカムの機能を全てスマホ1台で運用できます。
お手持ちのスマホにアプリをインストールするだけでIPインカムとして運用ができます。

つながりやすさ

つながりやすさ

インターネットに接続できる環境があれば、どこにいてもつながります。
ビルの高層階と地下間、ドームや展示場のような大規模施設でも、場所を問わず通話することができます。

災害時・BCPでにつながるイラスト

災害時・BCP対策でつながる

音声回線と比べて通信の規制を受けにくいデータ通信を使って通話します。
拠点間の一斉連絡や外出中の従業員の安否確認に利用できます。
災害時についてはこちら ▶︎

低料金

低料金

専用端末、基地局設備、免許、資格などの面倒な手続きは一切不要です。
スマホ、タブレット、WindowsPCを利用するため、インカムのように専用端末を購入する必要はありません。

混信しない

混信しない

データ通信を利用するのでインカムのように混信することがありません。
通話内容は全て暗号化され、盗聴の心配はなく、外部の業者のインカムとも通話が混ざりません。

周辺機器のイラスト

周辺機器が使える

従来のインカムと同じで、イヤホンマイク、ヘッドセットを使用して、ハンズフリー通話ができます。
Bluetooth型、有線型、どちらにも対応しています。
周辺機器についてはこちら ▶︎

機能を見る

インカムからBuddycomへ
乗換えが進んでいる業種

今、以下の業種で、インカムからの乗り換えが進んでいます。

小売
小売
イベント
イベント
介護
介護
ホテル
ホテル
アミューズメント
アミューズメント
警備
警備
建設
建設
飲食店
飲食店

全ての利用シーンを見る

Buddycomの
音声コミュニケーションの仕組み

音声コミュニケーションのイメージ
Buddycomは、クラウドサーバーを使用することで、サーバーのパワーを利用し、人数無制限、グループ無制限のサービスを提供します。
コミュニケーションデータは、クラウドサーバーやお客さのクラウドストレージへ自動保存されますので、後から確認、分析することができます。

詳細はこちら

会話内容はスマホ、タブレット、PCでいつでも確認
ダウンロードも可能

音声コミュニケーションのイメージ

Buddycomの会話の内容は自動で録音、自動でテキスト化され、後から確認することができます。
PCで管理コンソールから音声とテキストをダウンロードすることもできます。
もちろん、DropboxやBoxといったストレージサービスとも連携でき、いつでも自動保存・ダウンロードができます。

Buddycom専用の周辺機器を使用することで、
ハンズフリーで通話が可能になります

ハンズフリーで通話が可能
スマートフォンに触らなくても、周辺機器を使えばハンズフリーで通話が可能です。
豊富なラインナップからあなたの現場に最適な周辺機器を選ぶことができます。

周辺機器の一覧を見る

Buddycomに関するよくある質問

  • QBuddycomとは何ですか?
    A無線機、トランシーバー、インカムなど、従来の専用機をスマホとインターネット通信で実現した、IP無線サービスです。
  • Q導入実績が知りたい
    A無線として、エアラインをはじめ、鉄道、公共バス、建設現場等、多くの業種が無線のリプレースを進めています。
    また、衛星電話やMCA無線に代わるBCP対策(事業継続計画)の連絡手段として、金融機関、公共機関、流通業等で、24時間365日稼働しています。 詳しくは導入事例をご確認ください。

    導入事例はこちら ▶︎
  • Qどのようなデバイスが使えますか?
    AAndroid、iPhone、iPadに対応しています。(WindowsPCは今後公開予定)
    詳しくは動作環境ページをご確認ください。
    弊社にて動作を確認済みの端末については、動作確認済み端末・OSページをご確認ください。
  • Q利用可能なスマホのキャリアは?
    Aau、ドコモ、ソフトバンク、全キャリアで利用することができます。
    格安スマホや格安SIMでのご利用も可能です。
  • QインカムとBuddycomの違いはなんですか?
    A音質、通話エリア、導入・運用にかかるコストが異なります。詳細は、比較表を確認ください。

その他よくある質問はこちら

業務効率化、コスト削減、高い性能と音質を実現する無線インターネットアプリ
ページのトップへ戻る