映像と音声のプラットフォーム。未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」。
2021-05-27
ニュースリリース
NTT東日本とサイエンスアーツの業務提携について
2021年5月27日
東日本電信電話株式会社
株式会社サイエンスアーツ

東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 福造、以下NTT東日本)と株式会社サイエンスアーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一、以下サイエンスアーツ)は、未来型チームコミュニケーションサービス「Buddycom(バディコム)※1」を活用した「現場」ソリューションの提供により、コミュニケーションスタイルの進化に貢献し、企業の様々な経営課題を解決していくため、業務提携を開始いたします。

※1
Buddycomとは、サイエンスアーツが提供する、インターネットを利用して無線機やトランシーバーのように一斉通話ができる「現場」向けチームコミュニケーションアプリ。スマートフォンやタブレットにより、音声や動画、位置情報、AIを利用したチームコミュニケーションが可能。音声テキスト化やトランシーバー翻訳などのマルチな機能を備えており、インカム市場において多彩な導入実績を誇る。

1. 背景と目的
労働力人口の減少による人手不足や新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、企業の働き方は大きく変化し、ICTを活用した非接触での効率的なコミュニケーション等、現場の生産性向上に向けたDXへの取り組みが求められています。
オフィス業務向けにはチャットアプリやweb会議ツール等DX化に向けたツールが整い、普及が進む一方で、医療や介護、小売、製造、建設といった「現場」コミュニケーションが必要な業種においては、DX化に向けたツールも少なく普及が進まない実状があります。
このような背景を踏まえ、「現場」のDXを加速させるべく、ICTソリューションを活用した地域課題解決を推進するNTT東日本と、「Buddycom」の提供や高い技術によるアプリ開発力を有するサイエンツアーツは、業務提携を開始いたします。

2. 今後の取り組み
「現場」のDX化推進に向け、共同マーケティングの実施および、両社の商材・営業リソースを活用した、あらゆる業種の「現場」に最適なソリューションの開発・提供をしてまいります。また将来的には、双方のプラットフォームを用いて新たなイノベーションの創出を目指します。


3. 各社の役割
〇 NTT東日本
・ICTサービス、周辺機器・「Buddycom」等を活用した業種別ソリューションの提案・販売(パートナー企業を含む)
・上記を通じた「現場」ニーズの収集とフィードバック

〇 サイエンスアーツ
・「Buddycom」(周辺機器を含む)の提供
・業種別「現場」のニーズに基づいた「Buddycom」の新たな機能開発
・NTT東日本との共同営業の実施

4. 会社概要
東日本電信電話株式会社 (https://www.ntt-east.co.jp/
本社所在地 東京都新宿区西新宿3-19-2
設立     1999年7月
代表者     代表取締役社長 井上 福造
事業内容 東日本地域※2における地域電気通信業務※3及びこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務

※2 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県及び長野県
※3 県内通話に係る電話、専用、総合デジタル通信などの電気通信サービス

株式会社サイエンスアーツ (https://www.buddycom.net/ja/index.html
本社所在地 東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル7階
設立     2003年9月
代表者     代表取締役社長 平岡 秀一
事業内容 クラウドサービス及びソフトウェアプロダクトの提供

5. 本件に関するお客さまからのお問い合わせ先
東日本電信電話株式会社
営業推進本部 営業部 パートナー第三営業部門
TEL:0120-204045

株式会社サイエンスアーツ
広報
TEL:03-5846-9670
ページのトップへ戻る