映像と音声のプラットフォーム。未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」。
2021-01-28
WEBコンテンツ
マグロ養殖でのBuddycom活用、ツナドリーム五島様の導入事例が追加されました

ツナドリーム五島様のマグロ養殖での導入事例が、Buddycomページにて公開されました。
Buddycomを導入する前の課題や不満、導入のメリットや導入後の効果を紹介しています。

ツナドリーム五島は、2010年に、豊田通商株式会社がクロマグロの完全養殖を確立させた近畿大学からの技術協力を得て設立した、クロマグロの完全養殖事業を行う会社です。

【業界】漁業
【利用シーン】マグロ養殖
【利用開始時期】2019/08

ツナドリーム五島では漁場へ行く際、船で移動するのですが、Buddycomを導入してからは、どこにいてもリアルタイムに情報共有が行えるため、先行している船が忘れ物をしても、全従業員に一斉連絡をし、近くの船や丘のメンバーの誰かが届けることができます。やはり、船で出発してから戻るとなると、時間も燃料代も2倍かかってしまうところ、それらの削減につながっています。

取材に協力してくださった高橋様、志田様ありがとうございました。


【ツナドリーム五島様導入事例ページ】

ページのトップへ戻る