デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」。
2020-10-29
WEBコンテンツ
BCP対策でのBuddycom活用、新潟県庁様の導入事例が追加されました

新潟県庁様のBCP対策での導入事例が、Buddycomページにて公開されました。
Buddycomを導入する前の課題や不満、導入のメリットや導入後の効果を紹介しています。


【業界】自治体
【利用シーン】防災訓練・BCP
【利用開始時期】2020/10

約10万人が参加した新潟県庁原子力防災訓練では、新型コロナウイルス対策としてクラスターが発生しないよう、健常者は避難バスに、発熱者はマイクロバスに分けて避難させる運用になっており、原子力安全対策課と避難バス間で状況の共有、避難バスがどこにいるかの動態管理の通信連絡手段にBuddycomを活用し、タイムリーにコミュニケーションをとりながら状況の把握ができました。

取材に協力してくださった中倉様ありがとうございました。


【新潟県庁様導入事例ページ】

ページのトップへ戻る