現場が変わる。プロフェッショナルな人々のためのスマホIP無線「Buddycom」。
2020-07-14
ニュースリリース
シスコとパートナー締結、Buddycomでシームレスなコミュニケーションを加速
株式会社サイエンスアーツ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)が提供するクラウドサービス、未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」は、この度シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)のソリューションパートナープログラムに認定されました。そのビジネスコラボレーションの一歩として「Cisco Meraki」、「Cisco Webex Teams」との連携を開始したことをお知らせいたします。

サイエンスアーツとシスコはそれぞれの製品群の相互接続性の検証を行い、連携することで、より幅広い質の高いコミュニケーションソリューションを提供できるようになりました。
シスコのクラウド管理型ワイヤレス アクセスポイントCisco Merakiの高速ローミングは、Wi-Fi環境下におけるBuddycomのパフォーマンスを最適化しシームレスなコミュニケーションを実現し、快適な使用環境が手に入ります。

また、シスコが提供しているチームコラボレーションツール「Cisco Webex Teams」との連携もスタートしました。Buddycomアプリ画面のPTT(プッシュトーク)ボタンを押しながら、またはスピーカーマイクなどの周辺機器を使って話した内容を、Cisco Webex Teamsのチャンネルにリアルタイムに文字化して共有することができ、現場の業務コミュニケーションを一層強化し効率化します。

【BuddycomとCisco Merakiの連携で可能になったこと】
高速ローミングでWi-Fi環境下におけるBuddycomを使ったコミュニケーションをシームレス化。
連携動画はこちら:https://youtu.be/PlIp4aV4Ojg?t=79

【BuddycomとCisco Webex Teamsの連携で可能になったこと】
・現場の会話をリアルタイムで本部が把握する事により報告を待つ、催促する負担を削減。
・現場からはテキストではなく声で状況報告。
・翻訳機能で14か国語に対応。外国人の発話も日本語に自動翻訳され表示。
連携動画はこちら:https://youtu.be/PlIp4aV4Ojg

BuddycomはCisco Meraki、Cisco Webex Teamsと連携する事で業務での活用シーンがますます広がりました。
尚、今回のコラボレーションの技術的取り組みのコミュニティとして、サイエンスアーツはシスコが構築しているエンジニアコミュニティであるDevNetを活用いたしました。DevNetの事例紹介ページでもBuddycomが紹介されており、今後もサイエンスアーツはシスコと連携しながら、未来型チームコミュニケーション「Buddycom」をグローバルに展開していきます。

【シスコシステムズ合同会社 専務執行役員 パートナー事業統括 大中 裕士 氏のコメント】
サイエンスアーツ様の「Buddycom(バディコム)」がシスコのソリューションパートナープログラムに認定されたこの度の発表を心から歓迎致します。シスコのWiFiやコラボレーションのテクノロジーと「Buddycom(バディコム)」とのソリューショ連携により、スマートフォンやタブレットなど、モバイル端末を使った従業員同士の業務の効率化が高まり、さらに緊急対応時のより円滑なコミュニケーションに寄与するものと考えます。

◾️ Cisco Merakiとは
100%クラウドで管理できるITソリューションです。 インターネットに繋ぐ事により、本社、拠点、在宅ワークなど、規模や場所を問わず管理や運用が可能になります。 ワイヤレス、スイッチ、セキュリティ、SD-WAN、アプリケーション分析、エンドポイント管理、およびセキュリティカメラのすべてがクラウドから一元管理できます。

◾️ Cisco Webex Teamsとは
Cisco Webex Teamsは、いつでもどこでも人とチームをつなぐ、コラボレーションツール。会議、メッセージング、ファイル、ホワイトボード、通話、共有など、さまざまな機能をシームレスに切り替えることが可能です。

◾️ Cisco DevNetとは
革新的なネットワーク対応ソリューションを構築するために必要なツール、リソース、およびコードを開発者のみなさまに提供している、シスコのエンジニアコミュニティです。

◾️ Buddycomとは
“現場が変わる“未来型チームコミュニケーションのクラウドサービスです。
音声や動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能です。
利用実績では、航空、鉄道、建設、流通など様々な業種でのコミュニケーションとして利用されています。
また、災害などの緊急連絡手段(BCP)として利用していただいています。

主な特徴は以下の通り。
● マーケットプレイス(音声テキスト化、自動翻訳コミュニケーション、etc)
● 様々な業種でパートナーエコシステムを推進
● 24時間365日のミッションクリティカルで利用
● グローバルにサーバーを分散したディザスターリカバリー構成
● 運用支援(SAML認証。アプリ設定の一括管理)
● 企業間でのチームコミュニケーションをサポート(音声共有、音声テキスト化、LIVE動画など)
● 監査ログの取得

ページのトップへ戻る