現場が変わる。プロフェッショナルな人々のためのスマホIP無線「Buddycom」。

IP無線ってどんなもの?
特長や利用シーンをご紹介!

IP無線とは

IP無線のイラスト


IP無線とは、インターネット通信(3G,4G,WiFi)を使い、無線機と同じように、通話できるサービスです。IPトランシーバー、PoC(Push-to-Talk over Cellular)、IP-walkie-talkie とも呼ばれています。 形状はアプリ型、専用機車載型、専用機携帯型など、様々なタイプが存在しています。

音声通信は、無線機と同じプレストーク・PTT(プッシュトゥトーク)方式と双方向通話方式があり、個別呼出・グループ呼出・一斉呼出なども可能で、従来の無線機と同じように使用することができます。

従来の専用無線機の導入には、基地局の設置に加え、免許申請や無線資格者の配置など、煩雑な手続きが必要でしたがIP無線の利用にはそれらが必要ないため、誰でも簡単に使い始めることができます。 また、従来の無線機の通信範囲は1km~2kmで、つながらなくなったり混信が起きたりしますが、IP無線ではWi-Fiやデータ通信がつながる地域なら、混信もせず全国で通信可能なため、あらゆる業界で需要が高まっています。

IP無線の特長

インターネット通信がつながる場所なら、どこにいても通話もできます。

どこでもつながる

インターネット通信がつながる場所なら、どこにいても通話もできます。

IP無線が対応している携帯キャリアがつながればどこでも使えます。

各キャリア対応

IP無線が対応している携帯キャリアがつながればどこでも使えます。

免許申請が不要なため誰でもすぐに使用することができます。

免許がいらない

免許申請が不要なため誰でもすぐに使用することができます。

通信には携帯キャリアのデータ通信(3G/4G)、Wi-Fiを利用します

インターネット通信

通信には携帯キャリアのデータ通信(3G/4G)、Wi-Fiを利用します。

災害時にも制限がかからず、緊急連絡や防災対策にも利用できます

BCP・災害対策

災害時にも制限がかからず、緊急連絡や危機管理対策にも利用できます。

通話内容は全て暗号化され、盗聴の心配はなく、混信もありません

高いセキュリティ

盗聴の心配はなく、混信もありません。

IP無線ごとにばらつきがありますが、従来の無線機よりも音質が良く聞きとりやすい。

高い音質

IP無線ごとにばらつきがありますが、従来の無線機よりも音質が良く聞きとりやすい。

広い範囲で使用する場合、従来の無線よりも投資対効果が高い。

投資対効果

広い範囲で使用する場合、従来の無線よりも投資対効果が高い。

製品比較

IP無線は、誰でも簡単に使い始めることができます。 ただし、インターネット通信が使用できないエリアは利用できません。 それでも、従来の無線機、トランシーバー、インカムのせまい通信エリアに依存することなく使用できるのは大きなメリットです。

最近ではスマートフォン、タブレットに対応したアプリ型のIP無線が販売され、さらにお手軽に試すことができるようになりました。事業者にとって、レジなど、コミュニケーション手段に限らず、専用端末からアプリ型への転換がはじまっています。専用端末は昔から同じ形で、使い方に慣れていることが強みではありますが、1度導入すれば、数年、もしくは十数年、同じ機能を使い続けなければなりません。技術革新が早い現代では、アプリ型の導入企業も増えています。

IP無線(アプリ) IP無線(専用機) 特定小電力トランシーバー 簡易無線 MCA無線 業務用無線
導入コスト(初期費用) 0円 (スマホ・タブレットで使える。別途イヤホンは必要) 5~15万円 数千円~1万円 2万円~10万円 15~25万円 高価(設備による)
ランニングコスト 600円~/月 1,800円~/月(2年~7年契約必須) 0円(耐用年数1~2年) 0円(耐用年数2~3年) 2,000~3,000円/月 設備による
利用範囲(距離) 世界中(ただし製品による) 日本全国(インターネット通信の利用範囲) 〜1km(遮蔽物に弱く、利用範囲が急激に短くなる) 〜5km(遮蔽物に弱く、利用範囲が急激に短くなる) 十数km〜日本全国(契約範囲次第) 十数km(設備による)
免許・認可等 不要 不要 不要 一部必要 必要 必要
グループ数(チャンネル数) 製品による(1グループのものから無制限のものまで様々) 制限あり(255等) 9~47 30,35,65 制限あり 制限あり(周波数の割当による)
セキュリティ(混信・盗聴) △(製品による) △(製品による) × △(製品による) △(製品による) △(製品による)
強み ・安価
・拡張性:1台の携帯電話、タブレットで使用でき、他の業務アプリと同時に使える
・専用機に慣れている人がいる ・安価
・専用機に慣れている人がいる
・専用機に慣れている人がいる ・専用機に慣れている人がいる ・業種ごとに専用の周波数
・専用機に慣れている人がいる
弱み ・操作性:携帯電話やタブレットに慣れていない人は抵抗感を示す場合がある ・高価
・専用機が必要
・拡張性は無い
・壊れやすい
・利用範囲に制限あり
・混信、傍受されやすい
・利用範囲に制限あり
・専用機が必要
・拡張性は無い
・高価
・専用機が必要
・拡張性は無い
・設備投資が必要であり非常に効果
その他 ・短期契約で使える
・スマホ、タブレットがあればすぐに使える
・長期利用が必要
・レンタルもあるが高い
・1~2年で故障
・混雑場所では混信
・グループ数が少ない
・人口集中エリアしかカバーしていないので利用できない場所がある ・専用周波数は公共機関のみ利用可

IP無線の利用シーン

無線機、トランシーバー、インカムと活用用途は同じく、様々な現場で活用されています。

鉄道
鉄道
病院
病院
介護
介護
飲食店
飲食店
タクシー
タクシー
防災(地方自治体)
防災(地方自治体)
物流
物流
バス
バス
警察
警察
消防
消防
危機管理
危機管理
警備
警備
整備
整備
イベント
イベント
建設
建設
ビルメンテナンス
ビルメンテナンス
アミューズメント
アミューズメント
ホテル・宿泊施設
ホテル・宿泊施設
一般企業
オフィスワーク

IP無線アプリなら運転中もスピーカーマイクを併用して利用可能

IP無線アプリなら運転中もスピーカーマイクを併用して利用可能
本来、運転中のスマートフォンの操作、いわゆる「ながらスマホ」は道路交通法により罰則の対象になっています。 しかし、運転中の車載用トランシーバー・無線機の使用に問題ありません。 そこで、当社から経済産業省に直接以下のような照会をいたしました。

産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」により、道路交通法に関する規程の適用の有無について、経済産業省に照会した結果、国家公安委員会より、自動車又は原動機付自転車の運転中に、照会書に記載の方法で「ハンズフリー」又は「PTT(プッシュトゥトーク)機能」を用いて通話する行為は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第71条第5号の5の規定に違反する行為に当たらないものと解されると回答をいただきました。
詳しくはこちら▶︎
業務効率化、コスト削減、高い性能と音質を実現する無線インターネットアプリ
ページのトップへ戻る