デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」。

デスクレスワーカーをつなげる
ライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom」

インターネット通信網(4G,5G,Wi-Fi) を使用した音声・映像のプッシュトゥートークにより、
チームのリアルタイムコミュニケーションを実現します。
デスクレスワーカーとはこちら ▶︎

Buddycomイメージ

かんたん・はやい・間違わない

他の誰でもないデスクレスワーカーの移動・伝達・確認業務を削減し、集中すべき業務の遂行に貢献します。

1音声・映像をワンプッシュでメンバーへライブ送信

スマートフォンでライブコミュニケーションを実現。 Buddycomは情報共有までのステップを最小化しています。 招待URLを発行したり、メンバーを招待する必要はありません。
コミュニケーションツールを一つにするイメージ
ライブキャストの画面

2自社開発だからできる音声にとどまらない様々な機能体験

グループ通話・ライブキャスト機能を中心とし、履歴保存機能、音声テキスト化機能、トランシーバー翻訳機能等、特許取得含め、デスクレスワーカーのための機能を作り上げました。

3豊富な周辺機器の選択

業務中にスマートフォンに触らないオペレーションのために、デスクレスワーカーの業種・職種に適した周辺機器が必要です。世界中の音響機器メーカーと協力し、有線タイプ、Bluetoothタイプの他にもバッテリー持ちやノイズキャンセリング等にこだわった周辺機器を用意しています。
周辺機器のイメージ
24時間365日稼働のイメージ

4大規模対応と信頼性

コンパクトな使い方はもちろんのこと、数千、数万ユーザーをひとつの環境で稼働させることもできます。  現在サーバーは、グローバル4リージョン(地域)で稼働しています。  また、1リージョンあたり複数のサーバーを同時稼働させ、通話するグループごとに負荷分散構成させています。

Buddycomの効果

お客様の画像
  • “「人・物・場所を探す時間」を大きく短縮し、お客さまサービスが向上”(イオンリテール株式会社)
  • “音声のリアルタイム共有を2,000グループで実現。 運転士・車掌・パーサー間と指令との情報共有が迅速に伝達、お客様対応力が向上”(東海旅客鉄道株式会社)
  • “専用の無線機を持ち歩く必要がなくなったことで、整備士の負担が減り、さらに、1台あたり月額数千円の節約になりました”(株式会社JALエンジニアリング)
  • “記録システムとBuddycomの併用で、介護スタッフ1人あたり月間15~20時間の効率化を実現、お客様サービスの質が向上”(株式会社ツクイ)

現場を変えたいなら、今
デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom」

現場を変えたいなら、
        デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom

今すぐ無料で始めよう

ページのトップへ戻る